ハウスカードは企業独自のクレジットカード

クレジットカードにはハウスカードというものがあります。
企業の中には、他社と提携し国際ブランドを付けクレジットカード発行する企業もいれば、他社との提携をせず、国際ブランドもつけない、自社グループのみで利用できるハウスカードを選択するという企業も存在します。一般的なハウスカードとは、ある特定の企業や店舗、グループ内だけで利用することができるクレジットカードのことを指します。
主に、百貨店やスーパー、専門店、鉄道、石油チェーンなどで発行されており、顧客の囲い込みや取引拡大が目的です。
例えば、A店というお店が独自に発行しているクレジットカードのことで、そのA店の系列の中でしか利用することができないクレジットカードのことです。

国際ブランドがついた便利な提携カードがあるのに、なぜハウスカードは存在するのでしょうか。
消費者側からすれば、国際ブランドが付いたクレジットカードの方が利便性が高く、受け入れられやすいとは思いますが、あえてハウスカードを選択した企業にも理由があります。
提携カードの場合、クレジットカード購入者の顧客情報やマーケティング情報は、提携したカード会社へそのまま流れ、自社へは還元されません。サービス運営元にとって見れば、せっかく提携クレジットカードを発行したとしても、最も重要な顧客情報や、マーケティング情報はすべて提携カード会社に流れてしまうというわけです。これでは、いくら提携クレジットカードでサービスを高めたとしても運営元にはかえってくるものが少ないでのです。
ハウスカードは企業が自社グループ関連企業のみで利用できるようにと発行するカードなので、顧客の囲い込みや売掛回収などもしやすくなるのです。ただし、カード会員の募集から決済までを発行会社はすべてやらなくてはいけません。そのために、年会費が必要なハウスカードが多いのでしょう。

会員側からしてみても、メリットはあります。
提携クレジットカードでは見ることのできない、大胆な割引きサービスもハウスカードの方が消費者が得られるサービスや割引きなどは大きいと言えます。クレジットカード会員のメリットはよく行く店舗で特典を受けることができる点で、 ハウスカードの発行元も顧客を他社に逃がさないというメリットがあります。
また、提携クレジットカードでは審査が相当に厳しいカードも存在しますが、ハウスカードの場合、その点は比較的甘く、多くの利用者が利用できるように配慮されているようです。
通常のクレジットカードよりは審査がやや緩いので、属性や利用実績面で不安がある方も審査に通る可能性がありますが、ハウスカードは、信用情報機関や発行元のクレジットカード会社に利用の記録が残ります。
比較的よく利用する店舗で発行しているハウスカードを取得し、決済の時には必ずハウスカードを利用して完済していくと、信用情報機関やクレジットカード会社に利用実績が作れます。利用実績ができれば、以降に通常のクレジットカードを申し込む際、かなり有利になるのです。

最近では、ハウスカードと言っても、利用者の利便性を考えて「VISA」や「MasterCard」、「JCB」と提携して、国内にとどまらず、世界中で使えるようにしているハウスカードが増えて狭義のハウスカードは少なくなってきています。
なお、国際ブランドを付帯したクレジットカードは、「汎用ハウスカード」と呼ばれています。

理由としてはやはりハウスカードのままだと、その利用額が伸びないということがあげられるでしょう。デパートならそのデパートでしか利用出来ないクレジットカードのため、なかなか使われることも、強いては利便性が悪いため、発行されることも少なくなってしまっためと思われます。
確かに「VISA」や「MasterCard」のような国際ブランドが付いた提携クレジットカードの方が、利用場所を選ばずに世界中で利用できるという利点がありますが、特定企業グループをよく利用し、大きな還元サービスを受けたいという人は、ハウスカードに狙いを絞って選んだほうが、得られるサービスや利益は大きいと言えるかもしれません。
ハウスカードの発行が多い業種として、大手百貨店や石油系会社などがあります。

地域に様々なハウスカードがあるのですが、いくつかを紹介します。

  • ・コスモ・ザ・カード(コスモ石油)
  • ・日産カード(日産)
  • ・東武カード(東武カードビジネス)
  • ・マジカルクラブカード(ニッセン・ジー・イー・クレジット)
  • ・紀ノ国屋メンバーズカード(紀ノ国屋)
  • 様々な提携クレジットカードを一括して比較検討したい場合には「クレジットカード比較のすすめ」というサイトがおすすめです。ポイントやマイルの還元率などをまとめて見比べることができます。