日産フィナンシャルサービスが発行する日産カード

日産カードは、自動車メーカー系クレジットカードのひとつで、日産フィナンシャルサービスが発行するハウスカードでもあります。

自動車メーカー系クレジットカードとは、自動車メーカーの子会社が発行しているクレジットカードを言います。自動車メーカー系クレジットカードは「一つのメーカーのクルマに乗り続ける」という人に向いているカードと言えるでしょう。

自動車メーカー系クレジットカードで代表的なものは日産ファイナンシャルサービスの日産カードとトヨタファイナンスのTSCUBICカードの2種だけです。そのほかの自動車系会社が発行しているクレジットカードは提携カードとして発行しているのがほとんどなのです。 
同じ自動車メーカー系クレジットカードでもホンダCカードやマツダM'Zカードなどは提携カードです。自動車メーカー系クレジットカードの特徴は何といっても車に関するサービスが充実していること。
純粋な自動車メーカー系クレジットカードではなくても自動車メーカーが勧めるクレジットカードはクルマに関しては何かと便利なことが多いようです。
ガソリン代や駐車場代の割引、レンタカーが安く借りられるなど車が好きな人にはたまらないサービスが多数あります。特によくディーラーを使う人などは一枚は持っておいたほうがよいクレジットカードと言われています。豊かなカーライフをサポートするクレジットカードとして有名です。

日産カードは全国日産販売会社で整備・部用品の購入が 5%割引のサービスが受けられるベーシックな日産カード(ハウスカード)に加え、 全世界3,200万以上の加盟店で使える日産カードVISA・MasterCardのほか、 「家族カード、ETCカード」など豊富なバリエーションがあります。
年会費は1,312円(JAFは入会金2,000円、年会費4,000円)、無料レッカー距離も、あの有名サービスが5kmまでなのが、日産カードでは1万円分まで無料です。車トラブル時の帰宅費用、レンタカー費用、宿泊費用の補助もついていますし、非常に堅実なカードです。

カード特典として、全国の出光SSで、ガソリン代がいつでも1%割引になる他、お出かけ先でのトラブル等を、24時間年中無休でサポートする「日産カードスーパーレスキューコール24」が付帯されます。

さらに、日産カードで支払いをすると5%割引とおトクになったり、日産レンタカー基本料金(消費税抜)が15%割引きになるなど、各種優待特典も満載です。

その他にも、ご利用金額に応じて日産ポイントが貯まり、貯まったポイントは、キャッシュバックや、マイル交換、またはプレミアムグッズなどとの交換ができるなど多彩な利用が可能です。

・日産カードスーパーレスキューコール24
日産カード会員だけが利用できるロードアシスタンスサービスです。日本最大級の出動ネットワークで365日24時間体制でサポートしてくれ、万一の時には最大限総額53万円までの費用補償があります。
・日産カードで支払うと5%割引になります。
・日産レンタカー基本料金(消費税抜)が15%割引きになります。

そのほかにも愛車の整備歴をICチップに記録できるなど割引サービスや特典が盛りだくさんです。

日産カードには以下の種類があります。
「日産カード」(ハウスカード、VISA・MasterCard、法人カード)年会費1,312円(消費税込み、初年度のみ無料)
「NISMO CARD”Club NISMO”」年会費4,462円(消費税込み)
「NISMO CARD (レギュラー) 」年会費1,312円(消費税込み、初年度のみ無料)
「家族カード」(個人会員のみ)年会費420円(消費税込み、初年度のみ無料)
「日産ETCカード」年会費無料
「Biz NISSAN CARD」年会費1,312円(消費税込み、初年度のみ無料)
「Biz NISSAN CARD ゴールド」年会費10,500円(消費税込み)

クレカ現金化の利用を考えている方に知っておいて頂きたいこととしては、キャッシング枠で融資を受けるのではなく、ショッピング枠を換金するという行為はカード会社の会員規約に抵触する行為であるということです。当然、換金行為が発覚した場合、カード会社からクレジットカードを停止される可能性もあります。時々「カードでお金」と書いてあるサンドイッチマンを見かけます。インターネットだけでなく、街中での勧誘にも十分注意して下さい。